表側矯正

表側矯正

表側矯正
矯正治療で皆さまが最初に想像されるオーソドックスな装置です。歯の表面に接着するブラケットとワイヤーによって歯を動かします。歯の表面の装置が見えてしまいますが、セラミックブラケットやホワイトワイヤーを組み合わせる事で目立ちにくくする事ができます。長い歴史で進歩してきた装置ですので症例を選ばず、歯の細かいコントロールが行えます。

表側矯正のメリット・デメリット

表側矯正のメリット

  • ほとんどの症例に対応できる
  • 装置が表側のため舌に当たらず、発音や食事への影響が少ない
  • 裏側矯正やマウスピース型矯正に比べ装置料が抑えられる

表側矯正のデメリット

  • 装置が他の人から見える
  • 装置の厚みで治療中は口元に厚みが出る
  • 食事で食べ物が引っかかりやすい

表側矯正装置の種類

セルフライゲーションブラケット(セラミック)

ブラケットにワイヤーを保持するシャッターが付いています。そのため従来のブラケットとワイヤーを結んで保持する装置に比べて、装置間の摩擦が軽減され治療中の痛みが軽減します。ワイヤーの着脱も簡単なため1回の治療時間が短縮できます。他の装置より少し厚みがあります。装置代が他の装置より高くなります。

審美ブラケット(セラミック、コンポジット)

ブラケットが白く目立たないため審美性が高い装置です。ブラケットとワイヤーを、結紮線という細い金属、またはゴムで結んで固定します。メタルブラケットに比べ強度が落ちますので稀に破損します。コンポジットブラケットはメタルブラケット同様に追加料金がかかりませんが、歯より柔らかい素材のためブラケットがすり減ったり、変色する事があります。セラミックブラケットは強度があり変色しませんが、追加料金がかかります。

メタルブラケット(金属)

装置が目立つ事がデメリットですが、金属ですので装置の破損が少なく、厚さも薄く作られています。ブラケットとワイヤーを、結紮線という細い金属、またはゴムで結んで固定します。金属アレルギーの方は使用できないこともあります。装置代は基本料金に含まれているためかかりません。

料金

項目 詳細内容 治療費・費用(税抜) 処置費用(税抜)
※1回あたり
初診相談費 初診相談に費用はかかりません
検査料(CT撮影込) 20,000円
診断料 30,000円
成人全顎矯正 表側矯正 800,000円 3,000円〜5,000円

通常の矯正歯科治療の費用については、下記に記載の費用・医療費控除のページをご覧ください。
また、自由診療における矯正歯科治療は保険適用外となりますが、医療費控除の対象になります。
※費用・医療費控除についてはこちらをご確認ください。

表側矯正を受けようとお考えの方へ

矯正治療はしたいけれど、喋りづらいことや食べづらい事が一番気になる方は表側の装置をおすすめします。見えてしまうというのはデメリットだけでなく、どのような治療をしているのか目で見えてわかりやすいという利点もあり安心して治療を受けていただくことができます。

ご予約・お問合せはお気軽に

pagetop